このところ

秋らしい気持ち良い日 ライブイベント終えぽっかりした気分
次回ライブ予定入れずに少しのんびりしようと思っていたが、困るくらい曲が出来てくる 愛機であるヤマハの古いギターを抱えるとなぜかそういう状態になる 驚くべきことに今までのすべての曲はこのギターのみで作ってる どういうことなのか マーチンやエレキでは全く生まれない
突発的にどこかで歌うかもしれない 

キャルビン氏の堂々とした歌を聴くと心の奥底からパワーが生まれるような気持ちになる こうしてみるとドレッドノートのアコギも良いな  


Calvin Johnson - That Will Be Me - Live at Washington Hall