先日の三鷹

バイユーゲイト、とても楽しい1日でした 演奏も楽しかったのだけれど、二組のライブを落ち着いて観れたことも良かったな 

近藤さん、音の立ち上がり一瞬で分かるくっきりとしたタフな太さ さすがと思う、しかし通底してこちらに響いてくるのは朝陽のように真っさらなYOUTH感。。稀有といったら簡単だが、、あの魅力の正体はなんなんだろうと思う で、氏とのセッション燃えました、これまでで一番良かったような気がしてるんだ うん

サンダンス、今まで見た中で一番良かった 音数が少なくなればなるほど豊かに聴こえてくる それはたとえばビッチという曲を聴いたときに、ビッチと称される女の像だけではなく、ビッチと呼んでしまうその男の内面の影にまで想像が及ぶ深い豊かさだ そんな哀しさや滑稽さ?を何気なくカラリと聴かせてしまうって偉業だと思う
一緒の演奏、ファンキーな渦巻にいるようでひたすら楽しかった
暑過ぎるステージと満席の客席を観ながら時間が通り過ぎるのが惜しくて仕方ない気持ちでいっぱいだった 
来てくれた方、本当にありがとう 感謝 
心を開いてギターを弾くってこと、忘れちゃいけないって改めて思った

次回バグはサイケデリックポップの雄、吐息の企画するイベントに出ます
バグのソロもたっぷりやります 吐息にもギターでバキュン!と参加します
お時間ある方はぜひ!

スケジュール等こちらでも更新してます→ http://bugslim.blog.shinobi.jp/ 

f:id:blindbugslim:20180506000827j:plain