もう

12月 去年のいまごろは引っ越し準備であくせくとしていて、右も左も上も下もなんにもわからないようなとっちらかった日々だったなぁ たしかそのころくらいからギターを弾かなくなって、かといって何をするわけでもなく本ばかり読んでいて
それはずっと続いて今年の夏くらいまではそんな感じの合間合間にぽつぽつスマホに自分でもよくわからない文章を書くようになった 
で、20年ほど愛用していたギターのあらゆる部分がある日を境にぽこぽこと壊れ始めて、治せばいいのだだろうが、まったく同じ仕様のギターをずいぶんと探し回ってようやく買った
弾きやすくて弾きやすくてこれは良いぞと毎日弾いているが、今までやってきた弾き方がなんとなくしっくりこなくなって で、弾き方のスタイルをまるっきり変えてみて練習している するともうまるでてんでウソみたいに弾けない 中学生の頃のように弾けなくなっている が、音はキレイに太く出て、目の前で、出ましたよ、と言っているように感じる
得意げに慣れた手つきの中年ギタリストがもういない(ほっと胸をなでおろす、、ああはなりたくないっ) 
ギクシャクと、弾くことに戸惑う気持ちと音を出す腕と体があってこそ、その先に出る音があるんだと思う
そんな音と言葉が一緒にあるようなことが出来たらと思うし出来ると思う


    

広告を非表示にする